TRAVEL PIRIKA

バックパッカー・留学から帰ってきました。安心で安全な旅をするためにいろいろ書いて行きます。

女ひとりで行く!世界遺産のボロブドゥール遺跡への行き方

インドネシアに留学する前、ひとりで東南アジアをバックパッカーしてたのですが、首都のジャカルタから離れたジョグジャカルタは、日本でいう京都のようで、歴史をとても感じられる街でした。

中でも、有名なのが、世界遺産のボロブドゥール遺跡!

行き方としましては、長距離バスを使います。ツアーなども組まれていますが、ジョグジャカルタまで行けば、個人でも意外とスムーズにボロブドゥール遺跡まで行くことができました。

まず、北にあるジョンボルバスターミナルからバスに乗ることを推奨されていますが、私は南にあるギワンガンバスターミナルの方が近いので、こちらのバスターミナルを利用しました。ギワンガンはギワガンって言った方が通じます。

ボロブドゥール

長距離バス乗り場に入り込むのに、Rp500徴収されました。

“ボロブドゥール行きのバスはどこだろ〜”ってうろうろしてたら、現地の人に、“お前どうせボロブドゥールに行くんだろ”的な感じで話しかけられ、バス乗り場を教えてくれました。あ、上にボロブドゥールって書いてある……!

ボロブドゥール

バスに乗り込みます。

切符は車内で買います。切符と言っても、お金を払うだけ。Rp20000(約200円)

しっかし、このバス、飛ばす飛ばす。揺れる揺れる。びっくりするくらいのスピードで走って行きます。“すごいな、このスピード……!”とただただ圧倒されていたんですが、渋滞にハマって気づきました。このバス、クーラー入ってません…!!!

だから、逆に飛ばしてもらわないと暑い……!

そして、途中ギターを持った男が乗り込んでくる。いきなり歌を披露しだして、チップを要求してきます。あと、急に膝の上にお菓子置かれて、金を払えだの。。当たり前に購入が強制的なものではないので、返品できます。

ボロブドゥール

午前8時にギワンガンターミナルを出発し、ボロブドゥールバスターミナルに到着したのが、9時35分。

ボロブドゥール

バスを降りてから入り口までちょっと距離があり、やっとボロブドゥールのチケット売り場に到着!外人専用窓口があります。

別に外国人が優遇されているのではなく、外国人価格を払えというわけです。私は日本でつくってきた国際学生証を持ってきたので、Rp115000(1150円)。高い。。

ボロブドゥール

でも、さすがに外国人からお金を取りすぎてると思っているのか、ドリンクサービスあります。水を選択。

ボロブドゥール

そして、少し歩くと見えてきた、ボロブドゥールが……!

それにしても、押し売りがしつこすぎる。わけわからんマグネットを2,000円で売りつけてきます。。“高い高い!”って言い続けてたら、1,000円まで下げてきて、それでも高い高いって言ってたら800円に。

“あー、もうしつこい!”って思って、わけわからんマグネット3つを700円で買いました。実家の冷蔵庫にでも貼るかあ。。

ボロブドゥール

インドネシアでもゾウに乗れる。

ボロブドゥール

そして!!!

ボロブドゥール

遂に到着しました!

ボロブドゥール

ボロブドゥール

朝からたくさんの人がいました。

ボロブドゥールから見る朝日は圧巻らしく、朝日を見るためのツアーも組まれているのだとか。。朝日希望の人はそのツアーに参加するか、近くのホテルに宿泊するのが良いかもしれません。

ボロブドゥール

振り返ると歩いてきた道が一望できました。

ボロブドゥール

ボロブドゥール

ボロブドゥール

これを人間がつくったわけです。それも、何千年も前に。

ボロブドゥール

こうやって人間と大きさを比べると本当に大きいことがわかると思います。

ボロブドゥール遺跡は、しばらく密林の中に埋もれていたそうです。長年埋れていた原因は、火山の降灰によるものであるとする説と、イスラム教徒による破壊をおそれて人びとが埋めたという説があるそうです。

人口の9割がイスラム教徒の国に、こんな立派な仏教遺跡がある凄さ、素晴らしさ。宗教と歴史は学べば学ぶほど面白い。

ボロブドゥール

そして、帰りのバスにも乗ってきたストリートミュージシャン。

 

(2014年11月時点の情報です)